不正に対する弊社の方針

不正行為に対する弊社の考え方
xmaxでは不正行為であると判断した場合、改善指示を行っております。改善されない場合、または、悪質であると判断した場合、報酬支払停止、強制退会処分を行っております。

関係諸法・不正に対する対応事例

◆著作権法関連対応事例

   xmax登録サイト審査時において、著作権侵害サイトについて、登録審査見送りを行った。

◆広告表示の関連法に対する法関連対応事例

・広告表示の関連法に抵触する可能性がある効果効能の表記を一部行っていた提携サイトについて、
該当部分と修正指示を行い、一定期限内に修正を行った。

・提携審査時に広告表示の関連法抵触サイトについて、サイト修正指示を行い、改善確認後に提携承認を行い、
広告掲載を行った。
・広告LP(原稿)審査を行い、医薬品医療機器等法、景品表示法、健康増進法など、関連法に抵触するLPについては、広告主への修正指摘、または、実施を見送った。

◆貸金業関連対応事例

・キャンペーン終了後、終了キャンペーンの掲載を続けていた提携サイトに対して、
該当広告について掲載削除を依頼し、該当広告の削除を行った。

・商品内容、金利について誤った情報を掲載していた提携サイトに対して、修正を依頼したが、
期限内に修正の対応を行えなかったため、提携の解除を行った。

◆その他不正行為対応事例

・無料申込キャンペーンにおいて、第三者の情報を用い、申込を繰り返したため、
強制退会処分を行った。

・広告主が許可していないキーワードにおいて、夜間・休日にリスティング出稿を確認したため、
強制退会処分を行った。

・登録メールについて、弊社より連絡したが、期日内に返信がなく、登録番号に連絡したが、
所在確認ができなかったため、強制退会処分を行った。

・掲載面確認の調査において、トラフィックエクスチェンジにおける不正露出が発覚し、
強制退会処分を行った。


  • ←BACK
  • NEXT→

PAGE TOP